お墓の継承者がいないから、将来は永代供養墓への納骨を希望される方がいらっしゃいます。

しかし、その方々の悩みの一つが、

夫婦のどちらか一人が亡くなった場合、残った遺族が故人を個別にお詣りしたいのですが、

合同墓の場合は他人と一緒のスペースに安置されてしまうことです。

今回、そんな悩みを解決する納骨壇をご用意しました。

しばらくの間は個別にご安置し、他人に気兼ねすることなく個別にお詣りすることができます。