本年のお盆は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

例年と違ったお盆となりました。

盆施餓鬼は密を避けるため、出欠席を事前に確認し参加者を限定しました。

お盆の間に各家庭を訪問する棚経は自粛し、棚経に替えて墓地での読経を希望者に実施しました。30件ほどの依頼がありました。

お盆合同法要は供養の受付(当日欠席)を積極的に案内しました。30件ほどの申し込みがありました。

今回の経験を通して、こんな状況下ではありましたが

皆さまのご先祖様を供養する気持ちに変わりはないことを実感しました。

来年は通常のお盆になっていることを期待し、

明日16日の送り火法要で今年のお盆を締めくくります。

お盆合同法要